Laizthem
I eat the cake.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブカルって分野は、何かと目の敵にされやすい。

都知事に立候補した松沢成文氏「テレビゲームの影響で少年は犯罪を起こす」「国がしっかり規制すべき」(痛いニュース(ノ∀`))
まーたこんな阿呆な事を言っていた人がいたので、ちょっと反論してみる。

以下、卒論のために調べたことです。
    恋愛シミュレーションゲーム使用と大学生の社会的適応との関連

    目的
     昨今、テレビゲームによる悪影響が問題視されている。テレビゲーム使用により、社会的不適応に陥るとまことしやかに騒がれているが、果たして社会的不適応とテレビゲームには関連があるのか、本研究はその相関性を調べていくことを目的とする。ゲームの中でも、世間一般では特に悪影響だといわれている恋愛シミュレーションゲームというジャンルのものを特に取り上げていく。ここでは恋愛シミュレーションゲームを「女の子が出てくる」「主人公との恋愛要素のある」「ゲーム」 と定義する。

    方法
     大学生174名(男子大学生53名、女子大学生121名)に対し、質問紙調査を行った。

    結果
     テレビゲーム使用量と対人恐怖心との間には、関連が見られなかった。テレビゲーム使用量と大学生活不安との関連については、3~4日が少し低い結果となり、僅かだがテレビゲームを使用した方が大学生活不安が減少する結果となった。
     次に、恋愛シミュレーションとの関連については、対人恐怖心は、全然使用しなかったり1~2日程度の使用よりも、3日以上使用した方が低い結果になった。大学生活不安も、全然使用しなかったり1~2日程度の使用よりも、3日以上使用した方が低い結果になった。
     以上の結果より恋愛シミュレーションゲームと社会的不適応との関連性は、恋愛シミュレーションゲームに触れない、少し触れた程度よりも、恋愛シミュレーションゲームで沢山遊んだ方が低いということが解り、恋愛シミュレーションゲームを使用することにより、社会的不適応に陥るという考えを支持しない結果となった。

     以下、結果のグラフ(グラフはクリックで拡大します)。
    ・テレビゲーム使用量と対人恐怖心の関連


    ・テレビゲーム使用量と大学生活不安の関連


    ・恋愛シミュレーションゲーム使用量と対人恐怖心の関連


    ・恋愛シミュレーションゲーム使用量と大学生活不安の関連


大まかに、こんな感じの結果になったので、はっきり言って、テレビゲームと、今回主に調べたものが恋愛シミュレーションゲームなので、テレビゲームの中でも特に恋愛シミュレーションゲームにおいては、社会的適応との間に相関関係はありませんでした。
社会的適応との間に相関関係は見られないんですから、犯罪という社会的不適応との間にも相関関係はありませんぜ松沢成文氏。
むしろ沢山遊んだ方が良いって結果になりましたよ!

そういえば、大学の先生の中にも、「暴力的なゲームをすると暴力的な子どもが育つ。戦争をしている国では戦争のシミュレーションとしてゲームで人殺しを体験しているから、人を殺すゲームをすれば人殺しになる」といったことを言っていた人がいました。
ぶっちゃけ論点のすり替えのような気がします。そもそも戦争真っ只中の国と日本では前提がまったく違うわけですし。
そして、仮にその理屈を信じるならば、
『電車でGo!』で遊んだ人間は必ず電車の運転手になれるのかよ!
『シムシティ』で遊んだ人間は必ず市長になれるのかよ!
『ときめきメモリアル』で遊んだ人間は必ず彼女が出来るのかよ!
『ドラゴンクエスト』で遊んだ人間は必ず勇者になれるのかよ!
といった屁理屈が真っ先に浮かびます。屁理屈というか、まぁ、極論ですけど。

まぁ、保育関係は、「一人がそうなったら他にもそうなる子がいるかもしれないと予想する」から、科学関係とは、そして統計学とは相容れないところがあるんですけどね。

でもまぁ、保育者の中には「PDCAサイクルってあるけど、保育においては子ども達の実態把握を先にするからCが最初に来るわよね」とか言う人がいるらしいですけど、Pの中にそういうのは入っているんだよ! 保育のことは専門だろうけど、こういった経営学は専門外なんだから適当なことほざくなよ! と思いました。

まぁ、テレビゲームに関しても、PDCAサイクルに関しても、講義中にそういった反論はしませんでしたけど。
今思えば、すればよかったです。

保育の大学行って、保育者のことを学んで、まぁ、身になることは色々あったんですけど、一番思ったことは、保育者ってのは無駄にプライドが高いことです。
他の仕事のことを知らないくせに、まるで自分達のしている仕事が一番偉いとでも言いたげな感じを受けました。
私がこういう風に感じるのは、編入して入ったために、他の分野を知っているからでしょうかね。

でも、実習でお世話になった保育者達からは、そういった印象は受けませんでしたね。
ん、あれ? どういうことでしょうね?
ひょっとして、大学の講義で示した保育者の例は、極端な例ばかりだったんでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。