Laizthem
I eat the cake.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□□明日へ□□
めがっさ久しぶりに『デリシャス!』を読み返していましたが、何故か四巻までしか見つからず。
あれ? 五巻以降って買ってなかったっけ?
しょうがないので今度買いに行こうっと。

あと『THE WANDERER』も読み返してました。ピアノが上手い少年って憧れます。ピアノを題材にした作品って面白いのが多いと思うのは多少は贔屓目があるのでしょか。
なので『スパイラル』も楽しかったです。ぶっちゃけピアノを題材にしてなきゃ読み続けなかったかもしれないし。

話変わって、バイト中に一時間暇があったので周辺をぶらついてきました。太鼓の音が聞こえてきましたが、どうやら夏祭りが近いようです。
まぁ地元民が祭りをやっている間、私は別の場所にいるのですけどね。
考えてみれば、中学以降祭りに参加したことってないや。

というわけで(?)、明日の今頃は東京にいるはずです。


男性はコレに要注意!女性が言われてショックな言葉!
>写真と違う…
他は持って生まれた体質的なものなので頷けますが、これだけは自業自得だと思います。

「男性の欲望を肥大化、AVやエロゲの排除を」 専門家、女性監禁多発に警鐘
女性連続監禁事件、多発の“病巣” 強い劣等感、妄想生む
>対人関係を築けないため
>小学校の卒業アルバムには同級生に「人の言うことをまともに聞かない」と書かれ

対人関係築けてるじゃん。
私の卒業アルバムには他人からのメッセージなどひとつもないですよ。
>物理的な条件が整ったことも、犯行の大きな引き金になった可能性が高いとみられる。
今頃そんな当たり前のことに気付くなよ。
>なぜ被害者は逃げないのか。
単純に逃げれないからだと思うのですが。
>帝塚山学院大の小田晋教授(犯罪精神医学)によると、人を支配下に置くためにはまず、周りの世界から隔絶し、暗示を受けやすくなる「感覚遮断」という状態を起こさせる。そのうえで、恐怖感を植えつけたり、飢餓状態にしたりすることで屈従させるという。
随分具体的ですね。まさかやったことがあ(ry
>「監禁」、さらにはよりエスカレートした「飼育」をテーマにしたアダルトビデオやゲームなどの存在
女性を監禁する一般ドラマだってありますが。刑事モノとかで。
>「ネット依存症」に詳しい精神科医の墨岡孝・成城墨岡クリニック(東京)院長
詳しいってことは、多かれ少なかれこいつも同類なんだよな。


・追記
『デリシャス!』の五巻が見つかったので今から読みます。
また寝るのが遅くなりますが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
感覚遮断感覚遮断(かんかくしゃだん 英:Sensory deprivation)は感覚遮蔽とも言われ、刺激を意図的に取り除く行為である。対象とする感覚は身体の全感覚でなくてもよく、唯一つの場合もある。目隠しや耳栓など簡単なものでも、視覚・聴覚に対してある程度遮蔽の効果はあるが
2007/09/13(木) 09:10:50 | 精神医学ってすごい?
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。