Laizthem
I eat the cake.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木曜日は授業が少なくて楽です。
六時間中四時間も空きでした。
その間指導案をすこーしだけ書いて、あとはのんびりしてました。
明日は実践が二時間もあるのでそれで帳尻が合うのですけど。
世の中って上手くできてますね。

というかですね、『こんなの教えなくても自然に覚えるよ』ってところって、どうやって授業したら良いんでしょうかね?
数学でいったら四則計算とか、社会でいったら都道府県名とか、はっきりいってそんなの習って覚えることじゃないんですよね。自然と覚える、というか、知ることなんですよね。それをわざわざ無理して授業にしなくても良いと思うのですよ。
四則計算なんて買い物する以上絶対に身に付くものですし、都道府県名だって旅行を一回もしない人なんていやしませんから、そのときに自分でいろいろ調べるのですよ。

でも最近のこどもは自分で調べないとよく聞きます。調べることをしない、と。
おかしいですね。ゆとり教育の狙いは自分での問題発見、問題解決学習にあったと思うのに、何で逆の効果が表れているのでしょうか?
でも、それは此処数回の実践授業でも少し読み取れます。言ったことはちゃんとやってくれるのですが、言ってないことは絶対にしないのですよ。自分で判断しないというか、なんというか。
彼らの世代になったら、研究者がいなくなることはないでしょうが、大幅に減るんじゃないだろうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。