Laizthem
I eat the cake.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はショップ特典が付きそうにないんで『遥かに~』はオフィシャル通販で予約しました。
祖父に無いだけで他のショップだとあるのかもしれないけど、まぁ調べるの面倒臭かったんで。
11月はこれとデジモンを買う予定で、12月はWA5を買う予定、って金足りるかな。

さて、体験版でもやるか。


・妖逆門 第31話「清と水の妖」

妖逆門って、地味に音楽が良いですよね。

清、上位召喚の珠だけは所持。
清の個魔登場。ナミっていうのか。
フエ、ウタ、ハル、ギグ、デコときて、随分普通な名前だな。
ウジウジ悩んでるところに修が降ってきた。
ボロボロ。オボロボロボロなんてメじゃないくらいボロボロ修。
清が修を介抱してる最中、三志郎登場。
って、三志郎勢いの余り清押し倒すかと思った。

水の門はどうやら水中にあるらしい。
修はヘタレなので泳げません。
妖の力を借りていざ水中へ。
清が三志郎と仲良くおしゃべりしてるのがどうやら修は面白くないようですよ。
清は幼少期から妖と共に暮らしてたそうで。
そんな過去話、三十話過ぎでやる話じゃないだろう。清初登場時にやる話だと思うのですが。
で、まぁ、襲われるのはお約束。
ヘタレ修は捕まってしまいました。
まさか修にヒロイン要素があるとは驚きです。

本拠地へ。修はそこで蛹みたいに捕まってました。
そこに居たのは城の主ではなく、城を乗っ取った妖たゆら。
たゆらの使ってた妖、シムラに聞こえて仕方なかったんですが、そうか、シュムナか。
妖のことならお任せ! な巫女が先ず対撃。
でも歯が立たず。
ここは男の見せ所だ三志郎。煌け焔龍!
でも倒せず。
自分の力の無さを悔しがる清。
個魔の一喝で顔を上げる。
髪留めを解き、決意を露に。
上位召喚発動!
…って、見た目弱そうになったんですが。
まぁ能力は見た目じゃないですね。
で、撃破。
修は自分だけ上位召喚ができないことに憤りと焦りと妬みを感じます。

門をくぐって、次の世界へ。
折角清が差し伸べてくれた手を、修は事も無げに断ってしまいます。
ヘタレが。手を取れよ。
しかし修は気付いてしまいました。正人の、黒き面に。
修を必死で追いかける清が健気で可愛かったです。

で、次回予告、の前に、Cパート。
って、本編に修出てたけど、今回もあるのか修パート。
また同じ世界に戻ってきたらしいです。
手を取らないからそういうことになるんだよ、阿保が。

で、今度こそ次回予告へ。

遂に修が暗黒化。
巫女が続けて出るみたいなんで楽しみです。


…って10月がもう終わるのか。
後期始まってもうひと月経つのか。
大学、両手の指で数えられるくらいしか行ってない気が…。
勿論二進数で数えるんですよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。