Laizthem
I eat the cake.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤信号で車が一台止まってるのにそんなのお構い無しでその車を追い抜いて信号無視しやがった車を見ました。
しかも軽トラ。
馬鹿です。阿保です。ルールも理解できない低脳は車なんか運転するなよ。
ナンバー控えりゃ良かったぜ。
教員免許を試験有りの更新にするとかどうとかあるけど、自動車の免許こそ、そうした方が良いと思う。
信号無視するやつなんて死んでしまえッ!ヽ(`Д´)ノ
『ルールは破るためにある』とか『赤信号皆で渡れば恐くない』とかを、ネタじゃなくてガチで言ってるやつってホント救えない。
ハンドル握ると性格変わるのはいいですが、それは節度を逸しても良いということではないのですよ。


・妖逆門 第30話「華麗なるミックの逆襲」

新OPになってから開始前が無くなってED後に修のお話が付くようになりました。
それは良いとして、鳥妖役に立たなかったけど可愛かった。
「それじゃあ頑張ってね。三志郎!」
応援の仕方がもう。
で、なんか幼女きた。
恋人を助けてって、え、ええ? ミックが恋人!?
「嘘だッ!!」
と言わんばりに驚愕の声をあげる三志郎。
うん、その気持ち、解るよ。ミックに先越されるなんてね、ショックだよ。
……でも、オチは読めた。

鬼ミック、強いっちゃあ強いけど、何でこうギャグに見えるかなぁ。
上位召喚拾ったとか、もうね、こいつだけ世界が違う。
正人が闘おうとしなかったのは、ひょっとしてこういうキャラ苦手か?
三志郎には「やらないか」って言ったのに。
意外と正人にとって天敵だったりしてミックって。

ミックの目を覚まさせたいけど、ミックに勝ってほしい思いが交錯する幼女。
って、正体はやっぱりお前かよ!
で、まぁ、強くなっても所詮ミックはミック。
負けましたが、でも、それはミックの妖がミックの目を覚まさせるために敢えて負けたとかって、良い話に。
で、覚醒したミックはもう純粋な強さのみを求める粋なぷれい屋に!
…なるんじゃないの? なにその仮面。

ED後の修のお時間。
修、弱いよ。
鬼仮面に誑かされると思いきや、普通に対撃して普通に負けてる。
どうするよ。

次回、第31話「清と水の妖」

次回は巫女が出る。
巫女がメイン。
うん、楽しみだ。

どうでもいいけどミックって一回三志郎に勝ってるんだよね。
まぁ最終的には三志郎が勝ったけど、危うく鳥妖がミックのモノになるところだったんだよな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。