Laizthem
I eat the cake.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□□はっく□□
あわわわわ。
九月が終わる。

◇本日のお買い物

・『.hack//G.U. Vol.2 君想フ声』(BANDAI)

やっと届いた。
昨日の朝に発送しましたメールが着て、今日の昼ごろに届くって、なんだろう?
たぶん、というか、ここの配送担当者が結構杜撰なだけだろうけど。
時間設定してもお構い無しに届けるしあの親父。
スポンサーサイト
昨日の飲み会で結局一夜明け、家帰ったのは朝方。
眠いです。バイト行くのだるかったです。

飲み仲間はオタ系ではない人々ですが、やつらは二次会でメイド喫茶とか執事喫茶に行こうとか良く解らんことを行ってました。
ちなみに男女比は半々くらいでした。
結局行かなかったけど、やっぱりメイド喫茶って非オタが行くとこなんですね。


◇昨日のお買い物

・ふじつか雪『金魚奏』(白泉社)
・ヤスダスズヒト『夜桜四重奏①』(講談社)
・浜崎達也×森田柚花『.hack//G.U.+②』(角川書店)
・喜久屋めがね『.hack//XXXX①』(角川書店)
・『.hack//G.U.キャラクターファンブック』(角川書店)

.hack系のコミックと気になったの二冊。
ほんとはゼロ買いに言ったのにもう売ってなかった。
ちなみにレジ持ってく時は敢えて少女マンガを一番上にしました。
ちょっと感想でも。

・ふじつか雪『金魚奏』(白泉社)
なんだかせつなかったです。
面白いけど、本筋は面白いけど、サブキャラが余り練れていない印象をちょっと受けました。
あるいはメインが練りすぎているのでしょうか?

・ヤスダスズヒト『夜桜四重奏①』(講談社)
なんか、挿絵やってるだけあって、成田良悟の影響をめがっさ受けてるなぁって思いました。

・浜崎達也×森田柚花『.hack//G.U.+②』(角川書店)
一巻買ったときに二巻買わないかもって言った記憶があるけど、結局買っちゃった。
ハセヲさん黒過ぎ。
アトリに対して「誘ってんの?」発言。
ボルドーに「レイ-プ」発言。
この巻の前半のハセヲさんはもうホントやばいです。
しかし、朔望の扱いには泣いた(ノД`)。

・喜久屋めがね『.hack//XXXX①』(角川書店)
前作のオリジナル展開ってことで、素直に楽しかったです。
特になつめが出てきてくれて嬉しかった。


vol.2、金払い行ったの昨日の晩方だから、届くの明日かなぁ。
□□いざよい□□
セイバーマリオネットJ観終わった。
改めて観終えてみて、結構楽しかったです。
原作はもっと家康の嫌なところがあった気がしますがテレビ版は然程でもないですね。
あとファウスト、丸くなり過ぎ。

さて、明日っからtoX観ようっと。
その前に.hack買ってこなきゃ。


今日は早めの更新。
夕方から大学の友人達と飲みに行く約束をしているので、行ってきます。
まぁ私は殆ど酒が呑めないんですけど。
端っこの方でソフトドリンクでもちびちびと飲むことにします。

っていうか、バイト以外で外出るのはいつ以来だろうか?
介護実習終わってから殆ど外に出ていない気が……。
ちょこっと買い物程度には出ていますが、友人と会うのは、二ヵ月ぶりくらいかも。
□□いんく□□
いいともに年齢詐称が出ていました。
それ自体はどうでもいいのですが、そいつの発言がなんか引っ掛かりました。
「インクの交換って、難しくないですか?」
こんな事を言ってました。ヤツはカラリオのCMに出ているのに。
これは降ろされるな。うん。


・セイバーマリオネットJ 第11話~第18話
昨日の続き。
だんだんとライム寄りな展開になっていって、ちょっとショック。
コンピータ破壊まではチェリー寄りだったんだけどなぁ。
その後の日常展開がめがっさライム寄り。
うーん。

強いぞぼくらのジャポネスガー。
まで観ました(そんなサブタイトルじゃないけど)。
当時、冗談にしか見えなかったジャポネスガー、今観返しても冗談に見えますが、でも中々の盛り上がり場面だったのですね。
不覚にも感動。

しかし、初めてローレライについて語る話は、ライムが夢路を助ける話と被ってますね、改めて観返してみると。

あと、花形の扱いが相変わらず杜撰です。
彼はtoXだとそれなりの見せ場があったように記憶しているのですが、Jで見せ場があったかなぁ。


頭痛いので今日は早めに寝ようと思います。
もう日付が変わりそうですけど。
□□観える人□□
アニメばかり観てました。
そうして夏休みは終わっていくのです。


・セイバーマリオネットJ 第01話~第10話
確か私が中学くらいのときの作品です。
ビデオ漁ってたら発見したので観てました。
当時は主人公×ヒロインを疑わない少年だったので、普通にライム贔屓の作品だろうなって思って観ていた記憶があるのですが、観返してみると、意外とチェリーの扱いが良いです。
結構優遇されています。
とりあえず第10話まで観返しましたが、普通のラブコメやってるのはチェリーだけじゃん。

特典映像で小樽の中の人が「ライムは妹みたいな存在」で、「ブラッドベリーは頼れるお姉さん」と評していたのに対し、「チェリーは仲の良いお友達」と評してました。
つまり恋人にできるのはチェリーだけということですね。

ちなみに私もチェリーが好きです。それは当時から変わりません。


・妖逆門 第26話

先週から観始めました。
今週は先週と違っておにゃのこが結構出てきました。
なので沢山画像を貼ってみる。
結構面白いかもしれません。
まぁ偶々盛り上がる場面に出くわしただけかもしれませんが。
内容の方は、最終回です。雰囲気は。でも続く。


一応の区切りがついて、次回からは新章っぽいです。



・アニマル横町 第99話&第100話

一週遅れ。
何であみちゃんは温泉に入らないと?
イヨのキラ発言には吹きました。
あとケンタ、「くーちゃんとけっこんしたい」って、私が書きたいわっ!
「あみちゃんと~」でも良いです。というかそっちの方が(ry
次回ラストか。
本当は今週終わりなんだけど、一週遅れだからまだあと一回あみちゃんに会える。
一週遅れって、良いのやら悪いのやら。


そういえば今日は、だよもん星人の誕生日です。
おめでとう。

(画像はPS版『輝く季節へ』(KID)より)
ちなみにPS版は買ったけど、結局一度もやってないです。
amazonからの商品紹介メールが偏ってます。
PSゲームやプログラミング関係の本が殆どです。
…私は文系の大学生ですよ?

なんとなく、昔のことを思い出してました。
小学四年か五年くらいのときに、ピアノの発表会で某アニメのOP曲を弾いたのが、意外と好評だったらしく、「この人と連弾したい」という少年がいたらしいことを当時ピアノの先生から聞いたことがあるのですが、未だにそれは実現してませんよ?
デマですか?
まぁ、10年以上前のことなんでどうでも良いですけど。

あと、同時期に発表会なんていうお遊戯じゃなくて、審査員とかがいるコンクールにも出たのですが、そこで世界を知りました。
オレ下手糞。
でもまぁそのお陰で自分の好きなように弾けるようになったので、マイナスばかりじゃなかったです。

でもピアノはここ最近まったく弾いていないので、全然指が動かなくなってしまいましたorz
だれか鳴海の弟を連(ry


テレ東クオリティ(pya!)
個人的には谷垣さんになってほしかったです。

もはや新作といっても過言ではない――新規&追加要素が盛りだくさんのPS2「テイルズ オブ デスティニー」(ITmedia +D)
リリスがデフォで仲間になるのなら買います。
そうじゃなきゃいりません。
□□月はまた巡る□□
Tais氏の弁で初めて気付いたのですが、Lermtieceが一周年を迎えていたのですね。正直忘れていました。
いえ、存在は覚えてましたよ。自分たちで創ったわけだし。
でも曜日感覚や日にち感覚がまるっきり無かったのですね。
なので一年経ったことに普通に気付きませんでした。

しっかし、この一年でやったことといえば、

・C69落選。
東方まんがまつりでコピー誌を出す。
・C70落選。

これだけですね。HP活動を除けば。
まぁそのHP活動も恐ろしく蔓延しているわけですが。
未発表作品が結構あるのですよ。と、少し期待できるようなことを言ってみる。
まぁ未完成品なんですけどね。

あと、私にしろTais氏にしろ、ブログのカウント数が本家を超えてしまっているのは、なんだか複雑な心境です。
本家のアクセス数が増えるようにしないといけません。
さて、どうしよっか。

ちなみにコピー誌はまだ十部くらい残ってた気がします。
Tais氏が保管しているので正確な数は解りませんが。
欲しい人が居たらメールを、とか言ってみる。誰も居ませんね解ってますよそんなこと。チェッ。

とりあえず、差し当たっての目標としては、そのコピー誌をオフセ本にしたいですね。
あと、来月辺りから募集が始まる例大祭に出ることです。
今勝手に決めましたが、そうしよう。うん、そうしよう。


余談ですが、マウスを新しくしました。
なんか一月くらい前から動きがおかしかったので。
ワンクリックでダブルクリック以上のことをしやがるのですよ。
時にはトリプルクリックを。
流石に使い辛かったので、新しく買いました。
広告の品ということで、977円でした。
……なんか、安いとそれはそれで不安です。

あと、ちっこいサイズのやつにしてみたのですが、スタンダードなサイズに慣れてると使い辛いです。
まぁ、これはそのうち慣れると思うけど。


・デジモンセイバーズ 第24話

親父強えええええっ!
アニキも出来なかったサーベルレオモンぶっ飛ばしをやってのけた!
で、案の定倉田が元凶。まぁ悪そうな顔してますし。
っていうか、メルクリ良いやつじゃん。
話的には、まぁ、説明で終わった回です。でもストーリーを進める上で、こういった回もやらざるをえないわけで、伏線を回収とかしないといけないわけで、決戦前の静けさ、と言ったところでしょうか。
跡部様も自重したわけですし。

ただね、話が、テイルズっぽいのは気のせいですか?
テイルズはD2までしかやってないのでなんとも言えませんが、倒すべき存在が目上にいて、相手側にはどうしようもなく譲れない願いが有るとこら辺が。
ミッドガルズとダオスとか、ヒューゴ(ミクトラン)とリオンとか、みたいな。
EやD2は良く思い出せませんが、兎に角上に立つ人間が“悪”なのがそっくりです。

……そういえば、この世の中も(ry
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。